理事長挨拶

当院は高崎地域医療の発展を主に、昭和63年4月の開業から四半世紀が過ぎました。入院施設を併せ持ち、超急性期、急性期病院からスタート致しました。現在では回復期リハビリテーション、介護に至るまで一連の流れで医療を提供できるよう尽力しております。昨今の医療事情は大変厳しいものがあり、少子高齢化、地方医師不足、機能分化推進も重なり、避ける事の不可能な困難に直面しております。
我々、中央群馬脳神経外科病院は時代の流れに沿いつつ、提供可能な医療にて地域の皆様に永く携わり、必要とされる病院として、より一層力を注いでいく次第です。

理事長 中島 伸介

院長挨拶

当院は1988年4月に開院し、その後今日まで四半世紀に至り、脳卒中、外傷、腫瘍を始め、脳神経外科病院として、患者様の治療を続けて参りました。その間、14万人以上の患者様を診察させていただき、手術は4300件を超えました。今後とも地域医療の充実を目指し、患者様にとって、より安心で高度の医療を続けていきたいと思います。

院長 豊田 収